京都の意識学会:ASSC15

来年2011年の6月に、京都でASSC (The Association for...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東北大学からUCLへの若手派遣事業

僕の所属しているUCLには高次脳機能の研究において、第一流の研究室が多分野にわた...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASCONE終了

最近まで東北大学で行われたASCONEという大学生・院生の若手を鍛える合宿で講師...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーシャルメディア時代の新しい知性

ネットによって、あらゆるスピードがあがりすぎて、常に忙しい環境にいるのは自分だけ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Neuro2010終了。

神戸でのNeuro2010が終わった。 今回、「個人差の認知神経科学」と銘打って...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

社会性と意識の研究がつながった!!

先週、とてつもなくおもしろい論文がサイエンス誌に出た。残念ながら、自分の論文では...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

個人差の論文:1号

この前の、『個性のわかる脳科学』で一番メインのテーマとして書いたことだけど、自分...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (1)

なぜ人は忙しくなったのか

どうもここ数年、途方もなく忙しい。人間のことならどんなことでも、認知科学的な視点...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「分類することの難しさ」と「リンク・コミュニティー」

数日前まで台湾のAPCVという視覚の学会に行っていた。 例によって飛行機で気にな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Subjective Discriminability of Invisibility

久しぶりに論文がでた。自分ではものすごく重要だと思う内容だけど、ずいぶんいろんな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ASCONE2010「脳科学への数理的アプローチ」