« Suns in Boston | トップページ | クリストフ・コッホの授業 »

Anatomy of Time Workshop at UCL

Time Perceptionの研究の歴史は長いが、時間の長さの知覚が脳内でどう表現されているかという問題は、古くさい心理学の論文ばかりで割と最近まで真剣にニューロサイエンスは扱ってこなかった。

昔からの時間知覚を研究してきた心理学者と、新しく出てきた視覚の心理物理学者の間で若干ギャップがあるようだ。2007年3月にロンドンで、時間の知覚についてのワークショップがある(詳細は以下の通り)が、時間知覚について、新旧の研究者間での交流の場として興味深い。多方面の時間研究者が集まることになっている。私自身の研究分野からすると、MorroneやWalshはなじみが深いが、Wearden、Ivry、Rammsayerなど前から時間を研究しているから論文は知っているが、あまりpsychophysistとしては共感の持てないという印象を持っていた。それでも、現在のはやりで時間の分野に流入していく視覚研究者よりもずっと前から時間知覚に注目してきた人たちはどういう人か気になる。いまのところ参加予定中。

UCL INSTITUTE OF COGNITIVE NEUROSCIENCE

ANATOMY OF TIME WORKSHOP

Saturday 24 March, 2007

Hosted by Dr Penny Lewis & Professor Vincent Walsh

Venue:  Institute of Cognitive Neuroscience, Alexandra House, 17 Queen Square, London  WC1N 3AR

9.15 – 9.45        Coffee and Registration

9.45 – 10.00        Introduction by Workshop Host
            Professor Vincent Walsh, UCL Institute of Cognitive Neuroscience

            Chair: Professor Richard Ivry

10.00 – 10.45    Professor Charalambos P Kyriacou
Department of Genetics, University of Leicester
THEME:    Genetics of time from flies to humans

10.45 – 11.30    Professor Concetta Morrone
Dept of Psychology, University of Florence & Institute of Neuroscience, Pisa
THEME:        Spatio-temporal compression and saccades 

    11.30 – 12.15        Professor Peter Dayan
                Gatsby Computational Neuroscience Unit, University College London
    THEME:        Temporal differencing            

12.15 – 13.45        Lunch

            Chair: Professor John Wearden

13.45 – 14.30        Professor Thomas Rammsayer
Georg-Elias-Müller-Institut für Psychologie, Universität Göttingen
    THEME:        Pharmacology of Time Perception

14.30 – 15.15        Dr Domenica Bueti
            UCL Institute of Cognitive Neuroscience
THEME:        Differences between perception and action timing and timing in sensory cortex

15.15 – 16.00        Dr Penny Lewis
            School of Psychology, University of Liverpool            
THEME:        Fronto-parietal and subcortical distinctions in automatic and cognitive timing       

16.00 – 16.30        Tea

16.30 – 17.15        Professor Nicola Clayton
                    Comparative Psychology of Learning & Cognition Lab, University of Cambridge
THEME:        Mental time travel in animals    

17.15 – 18.00        General Discussion
                Discussant:  Professor John Wearden
                School of Psychology, University of Keele

REGISTRATION:  To attend the WORKSHOP you MUST register
Please contact: Rosalyn Lawrence, Secretary, Institute of Cognitive Neuroscience.  Email: rosalyn.lawrence@ucl.ac.uk


金井良太のサイトおすすめの英語の本リスト

 ←もし内容に共感が持てたら、これをクリックしてください。このブログの順位が上がって、より多くのひとに見てもらうことができるようになります。


このブログのランキング


|

« Suns in Boston | トップページ | クリストフ・コッホの授業 »

「学会・シンポジウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207912/5079667

この記事へのトラックバック一覧です: Anatomy of Time Workshop at UCL:

« Suns in Boston | トップページ | クリストフ・コッホの授業 »