« パイナップルのクオリア | トップページ | Psychophysicsのネタ本 »

Adaptive surround ...

やや気になった論文がこれ Huang, Albright & Stoner (2007) Neuron

non-classical receptive fieldのsurround modulationが、いつもsuppressionになるのではなくて、classical receptive fieldの外の刺激が、内側の刺激のapeture problemを解消する時には、integrativeに機能するという話しだ。

center-surround organizationはfigure groundなどオブジェクトのsegregationに役に立っているという考えからすると、期待されていたことではあるが、electrophysiologyで実際に示されると、とても気になる。

現象の発見自体には驚きは少ないが、実際にどんな風にニューロンがつながってたらこんなことができるのかと考え始めるとよくわからない。これを理解するのに役立つニューラルモデルは作れるか?そのようなモデルが作れれば、形とモーションのバインディングの問題の理解も深まるのではないか。

自分のサイト

 

 

にほんブログ村 科学ブログへ ←もし、このブログが役に立っていたら、これをクリックしてください。

 このブログのランキング

|

« パイナップルのクオリア | トップページ | Psychophysicsのネタ本 »

「論文紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207912/5549159

この記事へのトラックバック一覧です: Adaptive surround ...:

« パイナップルのクオリア | トップページ | Psychophysicsのネタ本 »