« 時間と記憶と前頭葉 | トップページ | default mode network »

ヘビはなぜ怖いか?

以前紹介したTemple GrandinAnimals in Translation という本でおもしろい話があった。

なぜサルはヘビを怖がるのか?スタンダードな考え方は、おそらく次のどちらかだろう。

① 進化の過程で脳のなかにヘビのようなひょろ長いものを恐れるような回路が出来上がっっている。とくにアミグダラ(扁桃体)などで、ヘビに反応する回路が生まれながらできている。

② 個体ごとに、過去のヘビとの接触した経験から、ヘビは恐いと学習した。

どちらも、ありそうな話だが疑問が残る。①の場合は、そもそもDNAにヘビとはどういうものかという情報が何らかの形で刻み込まれていなければならない。例えば、視覚野のヘビ風の特徴をコードすることになるエリアからアミグダラへのニューロンの結合を促進するなどのことが起きる必要がある。そもそも、どこまで詳細な情報を遺伝のレベルで脳に刻み込むことができるのかがよくわからない。

一方で、②だとしたら、生存には適さないだろう。毒蛇に噛まれてから学習したのでは遅いから、生まれながらにヘビを怖れていたほうが、生き延びる確率は高いだろう。

おそらく、多くのひとはサルのアミグダラは生まれながらにヘビというものを知っていると考えているのではないだろうか。

Animals in Translation で出てきた話で面白かったというのは、実験室で育てられたサルはヘビを怖がらないが、野生のサルはヘビを怖がるということだ。Susan Minekaという人が、そのことについて研究していて、わかったことは、サルはヘビが恐いということを他のサルがヘビを怖がっているのを見て学んでいるということだ(参考用のレヴュー)。

これには、驚いた。ちょっとしたサルの文化みたいなものじゃないか。それでも、①の仮説がまったく間違っているという訳ではないようだ。ビデオでヘビを怖がっているサルを見せると確かにヘビを怖がるようになるのだが、編集してサルが花を怖がっている場面を見せても、花を怖がるようにはならないらしい。だから、もともと脳の中に怖いものとして認識される要素がなければ、観察によって恐怖を学ぶということは起きないと論じている。

この話を読んで、ビデオを使って理不尽な病的な恐怖を人から取り除くこともできるのではないかというアイデアが浮かんだ。脅迫神経障害の治療法では、薬で治療するのと、行動療法といって自分が嫌な環境をあえて体験してなれていく方法があるが、ビデオ療法が効果があれば一番楽で安全に恐怖心を克服できるのではないか。

それから、ヘビの問題は、もっと一般的な問題と結びついている。とくに気になるのは、どうやって生物は異性を認識できるのか。赤ちゃんでも、男と女の顔の区別ができるようだし、好みさえあるらしい。それは、かなり微妙な違いを見つける仕組みが遺伝子レベルで組み込まれていないといけないように思える。意外と、単純なワイアリングで可能なことなのかもしれないが、そうだとしてもそれを示さなければならない。

女の子をみてかわいいって思うのは、どこまでが脳の中に最初から組み込まれていて、どこまでが学習なのか。脳の中にそこまで繊細な違いを識別する方法が最初から組み込まれているのだろうか。生物にとっては重要なことだ。

あるいは、周りの人の反応を観察することで、自分の好みとか恐怖の対象も変わってしまうのか。社会心理学などでは、よくあるテーマだろう。でも、他人を観察することで自分の感情的な物事に対する評価が変化してしまうというのは、文化を脳という観点から考えるときに重要だし、CMなどで人々に影響を与えることを仕事にしているひとにとっても重要だろう。

このような学習をobservational learningという。テレビで暴力的な映像を流すことで、子供たちが凶暴になるのではないかという文脈でよく出てくる。observational learningがあらゆる場面で起きていることは間違えないが、実際に精神病の治療に役に立つような効果があるかは、実験で確かめる必要がある。興味を持った人は、ぜひ実験をしてほしい。


自分のサイト


にほんブログ村 科学ブログへ ←もし、このブログが役に立っていたら、これをクリックしてください。

 このブログのランキング



|

« 時間と記憶と前頭葉 | トップページ | default mode network »

「メモ」カテゴリの記事

コメント

サルがヘビを怖がっているビデオを見せると、サルはヘビを怖がるようになるが、花を怖がっているビデオを見せても怖がるようにならないということについて。

僕は、元々ヘビのような動きをする物体に対して危険を感じるような回路があるという考えより、ヘビの動きがにょろにょろしていて、かつ、予測できない動きをするから、サルはそれが自分にとって危険なものなか、それを見たときに判断するような回路がある、という考えの方が好きです。実際にビデオの中でサルがヘビを見て怖がっているのだから、直接出会った事はなくても、このにょろにょろしたやつは危険なのだろう、とサル(の脳)は思うのではないかと思います。

花の場合は、まず花自体が不自然な動きをするものではないので(動いても風で吹かれる程度だし)、花を見ただけで危なくないと感じるのではないでしょうか。だから、他のサルがそれを見て怖がるビデオを見ても、花に危険性を感じない。

つまり、予測が出来ないへんてこな動きをする物体に対しては、それが危険なのかを計算する回路が元々備わっているが、元々ここで言うにょろにょろに対する回路はないのではないかなぁと思います。

投稿: こーし | 2007年3月15日 (木) 20時47分

こーしさんの仮説には二つのファクターがあるようです。

まず一つ目は、脳にとってヘビのfeatureが何かという問題。それは動き方かもしれないし、ひょろ長い形かもしれない。あるいは、あの表面のギラギラしたテクスチャがヘビを恐いと学習するのにクリティカルな特徴なのかもしれない。ヘビとしてすべての特徴を組み合わせたものを生まれながらに持っていると考えるよりは、どれか特定の特徴が決め手なのだと思います。それが何なのかは実験すればある程度わかるはずです。たとえば、動いてないヘビのおもちゃを怖がるようになるかとか、蛇革のハンドバッグを怖れるようになるかとか、実験すればわかる。もしかしたら、そういう実験も探したら、既にやったひとがいるかもしれない。

それから、サルなどの動物では、動きをもとに対象物体が生物かどうかなどの判断する仕組みもそなわっているだろうから、「生物らしい動き」というのも一つの特徴だといえます。

二つ目のファクターは、視覚などの感覚的なヘビと関連した特徴ではなくて、不確定性(uncertainty)が恐怖の源ではないかということですね。こーしさんの仮説は、一番目と二番目をあわせたような印象です。感覚特徴については、わりと簡単に実験で試せるのに対して、不確定性がもとで恐怖を学ぶというのは、ある種新しい考え方だと思います。ニューロエコノミクスなどで、uncertainなchoiceをさけるという傾向が知られているので、uncertaintyに対する嫌悪感のようなものは確かにあるかもしれません。

おそらくおもちゃのヘビで、必ず同じ動きをするようだと、すぐに慣れるけれど、毎回違う動きをするヘビだと恐いとか、そういうことは確かにあるかもしれない。でも、予測できない動きをする他の物体を怖がるようになるかというのを調べるのが、感覚特徴と不確定性のどちらが重要かを決める実験になると思う。

ただ、ここまで書いて気づいたのは、不確定な動きをする物体というものに対して(人間の場合は特に)生命や意図というものを感じるのかもしれない。微妙な動きをするバケツとかを見たら、中に動物が入っているのかもしれないとか感じてしまう。

こういう区分にすると、不確定性というのは他の生命エージェントを感じるための特徴なのかもしれない。

投稿: 金井 | 2007年3月18日 (日) 08時37分

通りすがりのもので、ずうずうしくも少しコメントしたくなりました。

「動物感覚」の中で、蛇を怖がるのは生まれつきではない
という趣旨が書いてあるのを見て、始めは不思議な感じを
抱いたものですが、
蛇を怖がらない大人の猿に、怖がっている様子を見せたら
どうなるのか、という事に興味があります。
多分、少しは怖がるようになるかも知れないが、子供の時に見せるほどは怖がらないのではないだろう、とは思います。

このことに興味があるのは、言語獲得の臨界期の
メカニズムとの関連性を知りたいからです。
同質のものではないか、と思っています。
その理由は長々となりますので、ここでは書けません。


投稿: 田中丈雄 | 2010年6月 4日 (金) 09時35分

失礼します。
私は先におっしゃってる方がいるように、
蛇のControlとして花を使っているのはそもそもが
全く検証になっていないような気がします。

あと、ビデオのところで
治療に応用できるのではというあなたの考え
がよく理解できませんでした。

結局花に対して恐怖感覚を植えつけることは
できなかったのですよね?
治療に応用できるのでしょうか。

投稿: | 2010年11月27日 (土) 16時40分

作家の安部公房が、昔、人はなぜへびが怖いかについて論じていました。読んでみて下さい。この方は読んでいるかどうかわかりませんが。

投稿: やぶへび | 2010年11月27日 (土) 16時44分

野生の蛇との遭遇は、多くのケースで一瞬恐怖に襲われます。
彼らは隠れるように生きるので、人がいるところで全身を晒すことはほとんどありません。
何かいると気づいて目を向けた時、大抵は身体の一部を見るだけに留まります。

彼らの細長い身体は、短い時間に一部を見ただけではサイズを想像できないのです。
サイズの解らない生物は怖いですよ。もしかしたら自分を殺せる大型生物なのかもしれませんし。

実際に遭遇してみると解ります。
蛇そのものに苦手意識がついてなければ、とぐろ巻いて寝てる子に会っても怖くはありませんから。

投稿: へび好き | 2010年11月27日 (土) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207912/5580713

この記事へのトラックバック一覧です: ヘビはなぜ怖いか?:

« 時間と記憶と前頭葉 | トップページ | default mode network »