« Adaptive surround ... | トップページ | E-text »

Psychophysicsのネタ本

私の視覚の研究では、心理物理学(psychophysics)という手法を使っている。といって、これは手法というようなものではなくて、武器なしで戦うドラクエでいうところの武闘家みたいなものだ。しかも武闘家らしくすばやい。つまり、ものすごくプロジェクトの展開がはやい。武器なしだから、お金もかからない。頭の良さよりは、とんちみたいな部分がおおくて、小説家というよりは、詩人みたいな身軽さだ。

学会にいって、人の発表をみると、ほとんどのことが最近の論文とかから一歩進んだところにあるぐらいか、あまりに無関係で興味がわかないようなものが多い。あまりにたくさんの人が同じことに興味をもって、同じようなことをしている。

だから、競争になる。かなりの論文が、同じアイデアは思いついてたけど、そこまでやる時間がなかったから、他の人がやってしまったということが多い。新しい論文を見て、そこからちょっと発展させてやるような研究は、意義のあるものは単純に競争だし、意義のないものはやるだけ時間のむだだ。

となると、普通に研究してもおもしろくない。競争か無意味かの選択肢ではやるきもなくなるというものだ。他人が思いつかないような独創的なアイデアを持てば良い。

というのは、簡単だが、どうしたら単純競争ではない、自分独自のアイデアを持つことができるのか。そのためには、自分独自のパースペクティブ(問題意識)を持つことが大切だろう。多くのアイデアは、最新の論文から得ることもできるし、最新の論文というのも知らなければいけないけれど、それだけでは、他人との情報の相関が高くなってしまう。つまり、自分だけがもっている情報ではないから、そこからはそこまで独自のアイデアというのはでてこない。それをさけるにはどうすればいいか。

そういうときに古典を読むといいようだ。心理学の古典を現代の神経科学の知識をもって読むと、アイデアの源になる。特におすすめなのがWilliam JamesのThe Principles of Psychologyだ。

 

The Principles of Psychology Book The Principles of Psychology

著者:William James
販売元:Dover Pubns
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Principles of Psychology Vol.2 Book Principles of Psychology Vol.2

著者:William James
販売元:Dover Pubns
Amazon.co.jpで詳細を確認する



なんと言ってもあらゆるテーマを網羅している。アテンションの一節は特に有名だが、セルフ(自己)の問題についてや、時間知覚、記憶についてもいろいろなアイデアが書かれている。さらに、リアリティとはなにか、理性、本能、情動、自由意志などおもしろいことがたくさん書いてある。

明らかに、昔の本だから、現代の視点からは物足りないこともあるかもしれない。そのかわり、人間として人間の何を知りたいのかという問題意識を育てるのに役に立つ。

Helmholtzの本は、binocular rivalry中に知覚を自由にコントロールできると主張していることで有名だが、あまりアイデアの源にはならない。そのbinocular rivalryをどうやってコントロールしているのか知りたくて、目を通したけれど、たんに一生懸命、線の数を数えれば、一方だけを見続けることができた、などと書いてあるだけだった。あまりお勧めできない。

Kohler & Wallachの昔のfigural after-effectsの論文は今でもアイデアの源になる。あとそれほど昔ではないがDavid MacKayという、視覚のpsychophysicsをやったいる人がいる。たぶん、このひとがillusion発見王だろう。昔ということもあるが、現代の研究のテーマになっているようなこと(フラッシュラグなど)を数多く発見している。実は、MacKayがNatureに出した後、それほど一般にはやってないようなテーマもある。そういうのを現代版に焼き直して、神経科学と結びつく実験をすることでオリジナルな研究になることもあるだろう。

ちなみに、いまちょろっと調べたら、この本は買わなくてもウェブ上で読めるようです。


心理学原理へのリンク

自分のサイト



にほんブログ村 科学ブログへ ←もし、このブログが役に立っていたら、これをクリックしてください。

 このブログのランキング


|

« Adaptive surround ... | トップページ | E-text »

「脳と意識を学ぶための10冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207912/5555147

この記事へのトラックバック一覧です: Psychophysicsのネタ本:

« Adaptive surround ... | トップページ | E-text »