« 無意識のうちに知覚は変化するか? | トップページ | VSS 途中経過 »

ATOM & When Pathway

しばらく多忙だった。ぜんぜん書きたいことを書けてない。

まず、3月の終わりにHuman Frontier Science ProgramからのFellowshipがもらえるという発表があって、それ以来、移動するための準備に追われていた。まだ、全然準備にもたどり着いてなくて、いままでカルテクでやってるプロジェクトの後片付けをしている。しかも、とちゅうですべてのEEGの元データを失うという事件もあって大変だった。

HFSPで9月からロンドンのUCLというところでWalshと仕事をします。

それでWalshの論文をいまさらながら読んでいたら、面白いのがあった。

TICSのレヴュー

Walshがここで提案しているアイデアは、parietal cortexとdorsolateral prefrontal areaは時間とか空間とか量的なものをコードしているのが、同じ場所に集約しているのは偶然じゃなくて、それらの部位がマグニチュード(度合い)を表現して運動に変換するモデュールだからだということだ。以前、時間がワーキングメモリの課題と干渉し合うけど、何をワーキングメモリに保持しているかに依存するということについて書いたが、マグニチュードという概念でかなり説明がつく。あと、時間知覚のイメージングで、コントロールのタスクがマグニチュードに関する場合は、parietalの活動が結果にでてこないという観察が鋭い。

あと読んでてすごく気になったのは、Piagetによると、赤ちゃんは時間と空間の区別がつかないと書いていたところだ。それは、元の話がどこにあるのか、みつからなかった。いったい、どんな実験したらそんな結論がでるのか?

それから、ふと思ったことだけど、DehaeneにしてもWalshにしても、なぜ意識に興味がある人は「量」とか「数字」の認知についても研究するのか。たんなる偶然か?もしかしたら、単に音がでかいとか、質のクオリアよりも、量のクオリアの方がニューロサイエンスとして扱いやすいってことがあるんじゃないか?

あと、もう一つ最近読んでおもしろかったのがWhen Pathwayについてのレヴュー。これは、おすすめだけど、いまは詳しく書いている時間がありません。

金井

|

« 無意識のうちに知覚は変化するか? | トップページ | VSS 途中経過 »

「論文紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207912/6188755

この記事へのトラックバック一覧です: ATOM & When Pathway:

« 無意識のうちに知覚は変化するか? | トップページ | VSS 途中経過 »