« 2007年5月 | トップページ | 2007年9月 »

更新:日本帰国マニフェスト

しばらく更新できずにいて、楽しみにしていてくれたひとには申し訳ない。

実は、ハーバードのVisionLabで、自分にとって当分できなそうな本気のPsychophysicsに挑戦していました。今、ハーバードのラボはPatrick Cavanaghがパリに行ってしまうということで、その直前にVisionLabの雰囲気を味わいたいというのと、自分がどこまでPsychophysicsができるかという挑戦をしようと必死でした。まだ、その結果をペーパーにできるかというのは難しいけれど、やれるだけのことはやったなと思っている。

九月からUCLでVincent WalshとHuman FrontierのFellowshipで、もうすこし修行をしようと考えていて、その前に自己ベストのPsychopysicsをしようと実験をしていた。

移動するとなると、けっこう準備が大変で時間がとられて、なかなか更新できずにいた。

今は、ビザを取るなどの理由で日本に一時帰国している。それから、ブログを書いたことのあるひとには、共通の悩みだろうけど、実際に研究していると内部情報とか科学者の中での、政治的な配慮などの情報が入ってくる。それが一番暴露すると読者にとっては面白いだろうと思いながら、なかなかそういうことは無差別には書けない。だから、どうしても実際にPublishされたことか、学会発表のあったこと以外は書けずにいた。

それから、研究する上での性格と精神性については面白いけれど、もっと実際に研究をしようと考えてる人に役に立つことを書きたい。

日本で意識の話をすると、たいてい茂木さんの話になる。皆、複雑な気分でいるというのが伝わってくる。自分としては、茂木さんは日本での意識研究の入り口になっていると思う。そういう意味での貢献は大きい。世界的に見て、クオリアということばをしっている国民はそんなにない。

実は、このブログを始めた動機は、意識に興味をもった日本の人に、どういう研究方法があるのかを提示して、培われた興味を実際の研究につなげたいという野心というか、責任感があった。だから、海外のラボに留学したいと考えている人などの自分の知っている範囲で、アドバイスができたらという希望が自分のモチベーションだと思う。

今回は、今まで書こうと思っていた"I am a strange loop"という本について書こうと思う。

I Am a Strange Loop I Am a Strange Loop

著者:Douglas Hofstadter
販売元:Basic Books
Amazon.co.jpで詳細を確認する


この本からうけるインスピレーションは強烈なものがある。ゲーデルの話と、情報の表象という観点は意識研究の上で、だいじな要素があるのはまちがえない。

意外と、他の国に比べて,日本はゲーデルの話が一般に受け入れられている感がある。それから、情報のフィードバックというのが、意識と関係がありそうだというのは多くのひとが感じていることだと思う。残念なのは、I am a strange loopは、本の半分以上は期待をもたせておいて、最終的な答えを出していない。このことは、彼の過去の仕事についていつもさけられない批判だと思う。所詮、エッセイにすぎないという評価は世界共通なようだ。

日本語に訳されているのかどうかは、知らないけれど、一般の興味をそそるところがある。でも、最終的には自己意識というのは海馬のepisodic memoryだという結論で、神経科学者には安易に思えてしまうようだ。

内心、茂木さんにはDouglas Hostadterのように世界的知識人になってほしいと願っているけれど、それは彼にとっても課題なんだと思う。

日本のサルの電気生理はまちがえなく、世界トップレベルだと思う。そのレベルに、他の分野が追いつくと、間違えなく日本の意識研究の評価はぐっとあがるというのは想像がつく。

9月から、UCLで研究をすることになるけれど、もし半年とか数年の単位で留学を考えている人には、すむところぐらいはサポートしたいから、もしそういう意図があったら、直接コンタクトをとってほしい。調べればわかることだけど、メールアドレスは、kanair@gmail.comだから、なんでも気になることがあったら、気楽にメールを下さい。

前にも書いたことがあるけれど、ASSCという意識の学会が、日本で2011年あたりに回ってくる。そのときに、日本の意識研究は立派なものだという印象を残したい。ハーバードにいたときの、ルームメイトはPatrick WilkenというASSCの創始者で、今はNeuronとTICSのEditorをやっている人で、彼はアジア地域をASSCに巻き込むことに積極的だったら、その機会を生かしたい。

9月にロンドンに住み始めて、自分の環境がととのったら、また本格的にこのブログを書こうと思う。だから、あと2、3週間はあまりたいした更新ができないかもしれない。

ロンドンにいくことで、気づいたことは、イギリスはヨーロッパとは異なる文化がある。もしかしたら、日本と大陸ヨーロッパの中間ぐらいの文化かもしれない。今でも、痛感することは、長年オランダで住み続けたことで、意外と知られていないヨーロッパの文化が理解できるようになった。もし、ドイツ、オランダ、北欧に留学したいという人には、的確なアドバイスができると思う。少しでも、気になった人には個人的に話がしたいと思う。

今回は、このブログの目的のマニフェストみたいになってしまったけど、徐々に自分のしっていることを書こうと思う。ただ、他人に迷惑をかけないという範囲にならざるを得ない。これから書くブログで、気になったことがあれば、どんどん率直な疑問には答えていこうと思う。これからは、しばらく論文紹介がメインになると思う。ある意味、論文なんて自分で読んで自分との関係を築いていくものではある。そこで、自分の意見を交えて、書いていこうと思う。「それは違うんじゃないの」という意見にもオープンでいくので、コメントはウェルカムです。いちおう変な広告と言うかブログ独特のスパムがくるので、コメントは一応承認制にしています。もし正統な書き込みがあれば、すぐにオープンにするつもりなので、どんどん好きなことを書いてください。

今は、久しぶりに日本にきて、文化の違いを感じている。日本人の気をつかう文化というのは、自分にとってカルチャーショックだけれど、飲んだときとか本音トークになるところが面白い。

また、本格的に書き始めるのと、さらにもうすこし突っ込んだことも書こうと思う。日本語のメディアで英語圏の情報をながしてしまうのは卑怯かもしれない。その辺の調節が難しいところになりそうだ。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年9月 »