« Causalityと空 | トップページ | UCLの印象 »

脳の進化と社会性

人類や霊長類が理性を持つように脳の進化したのは、サルなどが「社会」を持つようになって、他者の気持ちを理解し協力していく能力が必要となったからだという仮説がある。この理論については、ByrneとWhitenの2人の著書である『マキャベリ的知性と心の理論の進化論』というのが、古典として読まれている。

マキャベリ的知性と心の理論の進化論―ヒトはなぜ賢くなったか Book マキャベリ的知性と心の理論の進化論―ヒトはなぜ賢くなったか

販売元:ナカニシヤ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近のサイエンスの特集 で社会性と脳をテーマにしたレヴューがでている。上のマキャベリ的知性仮説は、Robin Dunbarの記事で知った。ちなみにDunbarはマキャベリ的知性というよりは、「社会的脳仮説(social brain hypothesis)」と呼ぶべきだといっている。

社会的行動をするための認知機能と進化というのは、相当多方面の分野と直接関連性がある。ニューロエコノミクスなどの人間の認知的意志決定を支えている脳機能と重なっているし、同じように感情の脳科学とも密接に関係している。

さらに、自分自身の日常的経験と照らし合わせておもしろいことも多い。例えば、インターネットのおかげで、メールやチャットなどでのコミュニケーションが盛んで、ときには少し疲れてしまうぐらいだが、このほとんど実質的な内容を伴わないコミュニケーションに意義はあるのだろうか?とか考えると、これはサルのグルーミング(お互いの毛繕いをしてあげること)の人間バージョンじゃないかと思う。そうやって、社会での人間関係を安定させることで、お互いに助け合う関係をつくることが、結果的に進化的に有利なのだろう。だから、人間も同じことをするし、必要としている。

むかし同じラボだったDaw-An Wuは、最近話したら、学生同士の携帯メールの頻度から、そのひとの人間関係を定量化して、fMRIでその人間関係と対応するものを見つけたいと言っていた。たぶん、サイエンスの同じ号を見てそう思いついたのだろう。(ちなみに、他人のアイデアはむやみに公開しない方針ですが、Daw-Anはむしろそれをやれる機会が欲しいから、会う人にはどんどん話してくれといわれている。)

おそらく社会性の研究から意識の研究には直接結びつかなそうだけど、一般の人の興味をひくような話はたくさんでてくる。そういう興味で読んでいたら面白い話に出会った。

「理性は母親から、本能は父親から遺伝する」

すごく大雑把にいってしまえばこういうことだ。当然、兄弟・姉妹を比べれば性格なんかすごく違う場合も多いから、そんなにあてになる法則ではないだろう。上のDunbarの過去の論文で、少しだけそういう風なことに触れている箇所があった。どういう話かというと、母親由来の遺伝子と、父親由来の遺伝子が、脳のどの部位で発現して影響を与えているかをマウスで調べると、本能的な行動を司る辺縁系(hypothalamusとseptumが実際には研究対象になっている)は父親由来の遺伝子の影響が濃く、新皮質(特に前頭葉)と線条体(Dunbarはstriate cortexと書いていたが、striatumの間違い)は母親由来の遺伝子の影響が強い。

Dunbarの論文で引用されていたのはKeverneの論文で、それはいろいろな種のサルの社会形態(オスやメスがどのくらいいるかとか、群れの大きさとか)によって、辺縁系と新皮質の量がどう違うかを比べている。その論文から、遺伝子レベルでの解析をしている論文にたどり着くことができる。

「理性は母親、本能は父親」というのを、これから子供が生まれる夫婦とかに当てはめて想像すると楽しい。脳科学者としては、少々根拠があるからといって、あたかも真実のように言い切ることはできないけれど、まあ、ただの面白い話ぐらいに考えてほしい。

こういう、ゆるい話ついでにもうひとつ。少し前に、手相占いみたいな話を聞いた。 よく、右脳人間か左脳人間かみたいな話があるけど、それが人差し指と、薬指の長さを比べてわかるらしい。

元ネタはこれ。
http://sciencenow.sciencemag.org/cgi/content/full/2007/525/1

男はだいたい、薬指の方が長いらしい。で、薬指が長ければ長いほど、数学とか視覚空間的能力が高いらしい。自閉症をスーパー男ブレインだとする考えがあるが、たしかに自閉症でも薬指が長くなっているらしい。

男は、たいてい薬指が長いものだけど、女は、どっちもどっちぐらいのひとがほとんどだろう。もし、人差し指の方が長ければ、言語能力に長けている(可能性が高い)。

この、人差し指と薬指の長さの違いというのは、胎児のときにあびたテストステロンの量で決まるらしい。だから、脳の男度・女度と相関していてもおかしくないというのが、理屈だ。 今のところ、男は全員薬指が長いから、あまり見ても面白くないけど。

|

« Causalityと空 | トップページ | UCLの印象 »

「論文紹介」カテゴリの記事

コメント

勝手ながら、リンクを張らせていただきました。(→本編 →リンク集 →専門研究 内)

投稿: ノース | 2007年10月24日 (水) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207912/8583791

この記事へのトラックバック一覧です: 脳の進化と社会性:

« Causalityと空 | トップページ | UCLの印象 »