« Magstimのトレーニングコース | トップページ | Transcranial Alternating Current Stimulation (tACS) »

NIH VideoCasting

NIH VideoCastingというサービスがって、NIHでの講演のビデオが見れる。

http://videocast.nih.gov/PastEvents.asp?c=16&p=1

これは研究している人は、まあ知っているだろうし、そんなに見ている時間がないだろう。でも、これを見るたびに、自分が大学の学部生だったときに必要だったのはこういうサービスだったと痛感する。

毎回それぞれの分野の超一流のひとがすごく初歩的なことから深い内容まで講演している。日本で大学生だったときに、論文へのアクセスはあっても、こういう講演に出会う機会がほとんどなかった。なかなか、日本にアメリカやヨーロッパから講演に来てもらうのは遠いから大変だというのもあるだろう。

自分が勉強を始めたばかりのころは、こういう講演を聴いて、そのあとにそれをもとにあれこれ考えるという作業が楽しかったし、自分の学習の役に立っていた。今の学生は、自分が学生だったときよりもチャンスがたくさんあってうらやましい。これから留学しようとしている人にとっては、こういう講演を英語で聴いて理解できるようになるというのは必須のプロセスだし、その練習が日本で若いときに日常的にできるというのは、今では当たり前かもしれないけど、10年前はそんなに簡単ではなかった。

生まれたときからネットがある世界で育っている今の子供が大人になるころには、今までにはあり得なかったような別のタイプの天才が現れるかもなあ。

|

« Magstimのトレーニングコース | トップページ | Transcranial Alternating Current Stimulation (tACS) »

コメント

 ご無沙汰しています。生まれた時からネットがある、というところに激しく共感します。自分は高校生の時に図書館などでネットが使えましたが、家で自由に使えるようになったのが、大学時代からだったので。子供の柔らかい脳の時に、興味の赴くままにネット上の深い情報にアクセスできてたらと強く思います。時間も無限にありましたし。
 でも同時に、院生である今こうやって金井さんのブログで勉強させていただけるというのも、恵まれた環境なのだなとも思います。

投稿: 桑原 | 2008年11月 3日 (月) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207912/24978298

この記事へのトラックバック一覧です: NIH VideoCasting:

« Magstimのトレーニングコース | トップページ | Transcranial Alternating Current Stimulation (tACS) »