« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

自分の脳について

今やっているプロジェクトで、脳の構造画像から個人の脳の特徴がどれくらいわかるかということを調べている。

これが意外と面白い。例えば、MRIの画像さえあればその人のどの脳部位が発達しているかがわかる。なんだかんだで50人ぐらい(データベースを含めると500人ぐらい)の脳と比較して個人の脳の発達のパターンをみると、かなりその人の特徴がわかる。

ほとんど脳占いの領域に入っている。自分の脳を平均的男性の自分と同じぐらいの年齢層と比べると、自分の左前頭葉が発達していることがわかる。研究者には実はこのパターンが多い。

実際に見てみるとこんな感じ。
Picture_1




Picture_5




実はこういう感じでかなりいろんなことがわかる。詳しいことは論文になるまで公開できないが、個人のおっちょこちょい度とか、仕事をまじめにこなす度とか、記憶力とかが実はかなりわかってしまう。

被験者で来てくれた人が興味があれば、自分の脳が平均とくらべてどうかというのを見せてあげることにしているけれど、たまに脳がすごく少ない人とかもいて、申し訳ないときもある。

あまりに予想していたよりもその人のことがわかってしまうから、未来には脳の画像を履歴書に貼付けるようになるのではないかという倫理的な問題も生じてきてくる可能性さえある。

基本的には相関をみているだけだから、今後は脳画像に基づいた予測の精度が問題になってくる。おそらくデコーディングをやっている人たちはすでにたっぷり考えていることだろうけど、"prediction is everything"というのを常々感じるようになった。というのは、やはりデータの次元が脳科学全般であがってきていて、古典的な統計ではその次元に対応するためにそうとうな実験の量が必要とされるようになってきた。おそらく予測能力というのが、科学の理論の強さを測る絶対的な指標なのだろう。

これは自然科学だけではなく、社会科学にもあてはまる。おそらく占いというのは原始的な科学で、人間の脳は世界の不確定性を扱うために、未来を予測する能力をもとめてきた。その意味で、科学というのは人間の自然な欲求に基づいていると思える。

そして、予測することから途中の経過を操作することで、予測通りに現状を変化させることが技術力だろう。脳の相関からターゲットの部位を見つけて、薬学的かあるいは脳刺激によって、予想通りに行動のパターンを変化させることは技術にあたるし、理論の正当性の確認にもなっている。医学というのは人間の体の仕組みの理解に基づいて、人間の体を操作することだし、電化製品なんかは物理の予測能力の賜物といえる。

まだまだ脳科学が脳技術になるまでに何十年かかかるかもしれないが、その時代はすでにみえている。おそらくクリティカルな次のステップは、脳科学が経済的に社会に貢献することだろう。今はまだ脳科学は好奇心に基づいた研究テーマでしかないが、インターネットが今の社会を20年前とは別モノにしてしまったように、脳科学も徐々に実社会に浸透していくだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意識と時間

そもそも時間の知覚に興味を持つようになったのは、「意識があるということ」と「時間の流れを感じること」は切っても切り離せない関係にあると思っていたからだ。眠って意識がないときには、時間が刻々と経過しているという感覚はない。(もちろん目が覚めてから、時計をみたり、よく寝たことによる体の回復を感じて事後的に時間の経過を認識していることはある。)一方で、目を覚まして意識のある状態では、なんの感覚の入力がなくても、自分という意識を持った存在が時間の中を流れているのを感じる。

だから、時間の流れを感じる仕組みがわかれば、意識のことがわかるのではないかと思った。

それで実際に時間の研究をしてみたら、これがなかなか意識とつながってこない。まず、時間感覚に関する過去の心理学研究の状況がかなり混乱している。いままでいくつかの分野の文献を読んできたが、時間知覚はとくにごちゃごちゃしている。そして、時間知覚の研究にはまればはまるほど、最初の興味の意識との関係は遠のいていく。

そもそも「なんで時間が流れるのか」というおおざっぱな問題では、新しい仮説を生み出すような実験にはなかなかたどり着かない。意味のある実験にたどり着くことができなければ、哲学者の〈下手な考え〉になってしまう。フッサールももっと前の哲学者も、似たようなことは考えていた。哲学者に恨みはないが、科学の発見と比較して、現在手に入る情報だけをもとに考えていても、わかることは限られているだろうと思うのだ。

そんな中、意識と時間を繋いだおもしろい論文に出会った。

Limits on Introspection by Corallo et al. (2008).

この論文ではIntrospective RT(反応時間の内省的評価)という尺度を用いて、被験者に刺激に対して反応するのにかかった時間を内省によって答えてもらっている。二つの課題をほぼ同時に遂行しているとき、二つ目の課題に対する反応時間が遅くなる(psychological refractory-period, PRPと呼ばれる現象)のだが、このようなdual task条件で、二つ目のタスクにかかったと思われるintrospective RTは遅くなっていないというデータを出している。この客観的なRTと内観的なRTとの乖離から、著者はPRPによる遅れの時間は主観的に知覚されないと結論づけている。このような時間知覚に貢献する脳内の現象は、DehaeneのGlobal Workspaceへのbroadcastingと同列のものであると考えているようだ。

これはまるで意識のrefractory periodには時間の経過を感じていないという現象のようだ。

それから、PRPのような実験で、refractory periodの最中にどのようなcognitive processにアクセスできるのかを調べているという点も非常に珍しいおもしろい研究だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »