« 個人の能力や才能は環境に左右される | トップページ | 個人差の脳科学に関するシンポジウム »

自閉症の人も文字でならコミュニケーションできる

きょう知り合いの人からおもしろいリンクが送られてきた。言葉を話してコミュニケーションすることはできない自閉症の女の子が、パソコンでタイプすれば普通の人のようにコミュニケーションできるというYouTubeの映像。

その子の書いたものから推測すると、どうも自閉症の人の心の内面というのは、普通の人と変わらないみたいだ。むしろ制御しきれない脳の中に、無理矢理閉じ込められているような印象を受ける。

なんで人の顔を見れないのかとか、頭を自分で打ったりするのかとか、自閉症の人の不可解な行動に内面からの理由の説明があるところとかが興味深い。今まで、自閉症の人の心の中というのがどうなっているのか、まったく想像もつかなかったけれど、すごく普通の人と同じようだということがわかる。

「なんで自閉症の子供は、耳を手で覆ったり、手をぶらぶら振ったり、うなり声をだしたり、体をゆらしたりするのか?」("Why do autistic kids cover their ears, flap their hands, hum and rock?")という質問に対して、こう答えている。

「一度にたくさんの感覚が入ってくると大変だから、それを紛らわせるため。入ってくる感覚を遮断するために、自分から(音とかの)感覚を作り出している」("It's a way for us to drown out all sensory input that overloads us all at once. We create output to block out input.")ということらしい。

こういう話から、自閉症というのは脳の中の特定の配線の問題か何かではないかと想像させられる。

実際、自閉症でない人でも、直接話すのは苦手だけどチャットとかでなら元気に話せる学生とかにあったことがある。意外と普通の人の中でも自閉症気味の人とかいて、コミュニケーションのモード(直接会って話すか、電話で話すか、メールか、チャットかなど)によって、コミュニケーションの能力が違うということもありそうだ。おそらくネットがあるおかげで、今までコミュニケーションが困難であったひとにも活躍のチャンスが生まれたと思う。

|

« 個人の能力や才能は環境に左右される | トップページ | 個人差の脳科学に関するシンポジウム »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

これすげえ面白い。

この前の金井のエントリーもおもしろかった。金井、茂木さんのポジションねらってるだろ。

投稿: 土谷 | 2009年11月20日 (金) 03時48分

これ面白いだろ。しかも希望が感じられる。

土谷のラボとか自閉症について詳しい人とかいる?自閉症の専門の人がこれをどう思うのかが気になる。

この映像からは、もしかしたらタイプするのもトレーニングがいるのかというとこがよくわからなかった。

それから、自閉症の人の内の何割ぐらいのひとが、タイプしてコミュニケーションできるのかというのも気になる。この子が特別なのか、自閉症の人は実はみんなこうなのかが気になる。いま見ている学生の女の子は、臨床系・患者系の心理学に興味があって、自閉症の子供のベビーシッターみたいなことをやっていたらしいが、その学生にこの映像をみせたら、その子が見ていた自閉症の子もぜんぜんしゃべれないけど、メールとかは普通にできてたと言っていたから、だからけっこう一般性があるのかもしれない。

投稿: 金井 | 2009年11月20日 (金) 05時21分

きのう聞いた話だけど、どうもYoramはこの女の子とあったことがあるらしい。おれはYoramの性格すきだ。そもそもおれの仕事はYoramから始まってるしな。

投稿: 金井 | 2009年11月25日 (水) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207912/32256658

この記事へのトラックバック一覧です: 自閉症の人も文字でならコミュニケーションできる:

« 個人の能力や才能は環境に左右される | トップページ | 個人差の脳科学に関するシンポジウム »