« 空気を読むイギリス人 | トップページ | 孤独の科学 »

社会脳がおもしろい

ここんとこ社会脳科学がおもしろい。

特に最近気になっていたのが「ダンバー数(Dunber Number)」という概念。ウィキベディアに書いてあるように「それぞれと安定した関係を維持できる個体数の認知的上限」が150ぐらい(正確には153ということになっている)という数字を、ロビン・ダンバー (Robin Dunbar)という人が提案した。

Facebookで繋がっている友達の人数の平均もだいたい同じくらいの数字になっている。現時点での平均は130人ぐらいだ。
http://www.facebook.com/press/info.php?statistics

ただ実際には、登録だけして使っていない人もたくさんいるし、一部の人が800人とかの現実的ではない数の人とリンクしているから一概にはこの平均がダンバー数に近いことに意味はないかもしれない。

それでも友達の数というのは脳の進化にとってすごく面白い要素だ。というのは霊長類の社会の大きさが大きいほど、大脳皮質の発達の度合いが大きいという相関関係が知られている。ヒトのように個体同士が個人を認識して、行動を決定するためには高次な認知能力が要求され、その結果人間の大脳は特別発達したのではないかと考えられている。

そして、ダンバーによると実際にお互いを認識して人間関係を築けるのは150人ぐらいが人間の認知能力の限界で、それ以上の数のひととたとえネットの上で繋がっていたとしても、実際に交流があるのは150人ぐらいだといっている。科学や技術が新しい交流の方法を作り出しても、人間の脳がこれまでの150人ベースの社会に適応して進化してきたから、それ以上の人数を相手に具体的なイメージを持つことは難しいという考えだ。

確かに、交流人数が増えてくるとなんらかのストレスを感じるのは実感できる。自分の仕事でも、友達との交流でも、人数も量も圧倒的に増えているの。これは自分の年齢と仕事の関係もあるかもしれないが、おそらくソーシャルネットワークがネット上で広がることで量が簡単に増えるようになったからだと思う。今では情報の発信も簡単だし、必然的に友達が全体として発信する情報の量が圧倒的になっている。最近あまりにそれが極端で、自分の記憶容量がが足りなくなっているかもしれないとさえ思い始めた(これも、老化かもしれないが)。

もしかしたら、FacebookやmixiのようなSNSを利用することで交流の効率が上がれば、ダンバー数以上にたくさんの人と繋がりを持つことも可能かもしれない。これは、まだ議論の余地がありそうだし、今後の展開を見なければわからない。社会的交流の量の増加に呼応して、発信の内容はtwitterのようにどんどん簡素化される傾向にある。

人間にとって一番の関心ごとは自分の家族とか友達とか直接知っている人の動向だということは間違えないようだ。実際、友達とあっても、仕事での交流をしても、結局その人と共通の知り合いなんかの話をしていることが多い。誰にとっても身の回りの人間関係が一番気になってしまうように脳はできているのかもしれない。

つい最近、Facebookへのアクセスの数がついにグーグルを抜いた。自分が一日中グーグルで検索を繰り返していることと比べると、facebookの勢いが如何にすごいかがわかる。

http://www.independent.co.uk/news/business/news/facebook-overtakes-google-1923102.html

自分の知っている人の写真やコメントが個人にとって、それだけおもしろいということを表している。

こんな中、最近Robin Dunbarのエッセイ集のような本がでて読んでいた。

How Many Friends Does One Person Need?: Dunbar's Number and Other Evolutionary Quirks Book How Many Friends Does One Person Need?: Dunbar's Number and Other Evolutionary Quirks

著者:Robin Dunbar
販売元:Faber and Faber
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最初はなにかダンバー数について面白いことが書いてあるかな、と読み始めたもののそれは最初の数章だけで、もっと社会脳一般について面白いことがたくさん書いてあった。

もしかしたら自分が知らなかっただけで、有名な話なのかもしれないが、いくつかインパクトの強かったものについて書いておこう。

一般的な内容のエッセイが多かったなかで、知性を司る大脳皮質は母親から遺伝し、感情を司る辺縁系は父親から遺伝するという話が気になった。ただこの本が一般向けということもあって、関連論文の詳細が出てなくてどの論文を根拠なのかはわからなかった。ダンバーの議論では、女性の方が社会性があるから、大脳に関係があるという書き方だったが、これがいまいちピンとこなかった。

その話を聞いてから気になるのは、脳の場所によって父親に似やすいのか母親に似やすいのか人間の脳のMRI画像を元に計算する実験をしたらおもしろいだろうと思った。それはVBM解析をすれば出てくるかもしれない。ただ家族3人か4人全員のMRIをとって、それを100家族は見る必要があるだろうから簡単にできる実験ではない。もし、それがやれる環境を知っている人がいたら教えてください。

他に気になったことは、スコットランド人の名前の付け方のルールとか、世界の人口の0.5%は遺伝子的にはチンギスハーンの子孫だとか、雑学っぽい感じの内容が多い。

それからビジネスにおいても、工場の従業員の数を大きくしすぎずに、150人程度で抑えておくのが良いらしい。その例として、GoreTexという会社の話がでてくる。そのような組織をデザインするときにもダンバー数というのは無視できないファクターのようだ。

そして極めつけは、バソプレッシンというホルモンの話。オスの脳内のバソプレッシンの量が、動物の一夫一妻制に重要らしいということが知られていたが、スウェーデンのHasse Walumたちの研究で、バソプレッシン受容体の遺伝子のアレルの種類から、男性がどれくらい一夫一妻的なのかがわかるらしい(WalumのPNASの論文 )。これには驚いた。簡単に言うと、遺伝子を唾液とかから取れば、男が浮気性になるかどうかわかるらしいのだ。スウェーデンの場合は、4%の人はこの遺伝子を二つ持っていてて、36%の人がこの遺伝子を一つもっている。そして、この遺伝子を持っている人では、結婚生活が上手くいかないことが多い。

遺伝子の型でこんなことまでわかってしまうというのは恐ろしいし、倫理的な問題も引き起こすだろう。婚活している人とかにとって、男がこの遺伝子をもっているのかどうかは、ぜひとも知りたいことなのではないだろうか。

ここのところ、ブログの内容が「意識」の話から「社会脳」の話になりがちになってきている。両者の関係については、6月にでる本に詳しく書いたので、それがでてからブログでもさらに説明しようと思う。

それから、『孤独の科学---人はなぜ寂しくなるのか』 についても書きたかったが、長くなったので、これはまた次回に続く。

|

« 空気を読むイギリス人 | トップページ | 孤独の科学 »

コメント

はじめまして!

通りすがりの院生です。(専攻は社会学です)

自分もダンバー数とSNSのことをちょうど考えていたので、記事を非常に興味深く拝見させて頂ました。

現実にもつ人間関係をインターネット上に載せていく傾向がこれから先により一層進んでいくとするならば、相手との関係性や親密度によって、情報の発信・受信内容も取捨選択できるような仕組みが生まれてくるのではないかな(というよりも必要になる)、と考えています。


現在のFaceBookの仕組みでは、ある個人の家族であれ、親戚であれ、同じような情報が共有されていることから、「核家族からゆるやかな拡大家族に移行しつつあるのでは」といった”情報から家族をみる”といった面でのおもしろい指摘もあります。

勿論、議論の余地は多くあるのですが、ダンバー数も含め非常に考えさせられるものがあるなぁと。

社会脳科学、恥ずかしながら触れたことのない分野でしたので、勉強するきっかけになりました。ありがとうございました!

投稿: HEY__HO | 2010年4月30日 (金) 02時21分

コメントありがとうございます。

Facebookに関する研究はかなりあって、人によって使い方に違いがあるものの、ある程度現実の人間関係を反映しているというデータがあります。実際には、「相手を個人として認識してどういう人だか理解している」という基準では、つながっている「友達」の数が多いようにも思えますが。

「核家族からゆるやかな拡大家族」という考えは、実はダンバーも考えていて、一番近い人たちは5人、それよりも少し幅を広げると15人、そしてそのあとに50人ぐらいの、人間関係の濃さによってその範囲に入る人の人数が違うという話をしています。おそらく、そのような距離感というのは、人間関係を理解する上で重要になるでしょう。

mixiの場合は、facebookよりも近い距離で人がつながっているような気がします。そして、「仲良し」設定なども、その近い距離感に敏感な日本人の感覚を反映しているかもしれません。

今後、私自身も日本でのデータを見たいと思っていますが、社会性に関しては、日本と欧米でかなり様子が違うのではないかということが気になっています。

それから、ダンバー数のスケールの話の他に、個人が複数のコミュニティーに属しているということも重要だと思います。スモールワールドなども少し関連していると思いますが、脳科学と社会学と心理学と遺伝学のような複数の分野をまたぐことのネットワークにおける意義のようなことも漠然と研究できたらいいなと思います。


投稿: 金井 | 2010年4月30日 (金) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207912/34361336

この記事へのトラックバック一覧です: 社会脳がおもしろい:

« 空気を読むイギリス人 | トップページ | 孤独の科学 »