« なぜ人は忙しくなったのか | トップページ | 社会性と意識の研究がつながった!! »

個人差の論文:1号

この前の、『個性のわかる脳科学』で一番メインのテーマとして書いたことだけど、自分の今の興味は、脳の構造をみるだけで、どこまで個人の性格や能力が予測できるかということだ。

その本を書いたときには当然、どっぷりその世界に浸かって研究をしていたわけだけど、自分の研究内容が未発表であったために含めることができなかった。それが非常に歯がゆかったのだけど、脳の構造シリーズの論文の一つ目が今日オンラインで出た。

Kanai, R., Bahrami, B. & Rees, G (2010) Human parietal cortex predicts individual differences in perceptual rivalry. Current Biology.

何と言っても、こういう個人差を扱う場合には、たくさんMRIスキャンをしないとならない。この論文では50人程度だが、3号、4号あたりになる論文では200人ぐらいになっている。そうとう週末ずっとスキャンしっぱなしの日々が思い出される。

それから、この論文がただの脳構造解析で終わってないと思うのは、構造から知覚の個人差と関係あると予想された場所に、脳刺激を加えたことだ。構造の解析だと、単に相関でしか見えないが、本当にその知覚と関係あるのかどうかをTMSで確認できれば、かなり確信がもてる。これは、これまでの構造解析の弱さを補完する重要な要素だろう。これをやったことで、この研究は自分でも気に入っている(だから、その分他の雑誌に落とされた時は、がっかりした)。

今回の論文はこのイリュージョンと関係がある。

Spinning

こういう映像をみていると、時計回りに回ったり、反対周りになったりする。この知覚の変化は脳の中でおきているのだけど、未だにこの切り替わる仕組みはよくわからない。不思議なことに、この知覚の変化が起きやすい人とそうでない人がいて、「躁鬱病」や「IQ」なんかと関係があると言われていた。だから、このような知覚の主観的な入れ替わりの個人差は、脳の中の注意の切り替えのような部位の発達度合いの違いを表しているのではないかというアイデアを試した。

それで、今回の研究で、こういう刺激をみて知覚の変化が良く起きる人は、頭頂葉の一部が大きいということがわかった。

今までこういう心理実験をしてても、個人差はあまり気にしていなかったけど、ちょっとした実験で脳の特定の部位の大きさがわかるというのはすごく興奮する。

|

« なぜ人は忙しくなったのか | トップページ | 社会性と意識の研究がつながった!! »

「論文紹介」カテゴリの記事

コメント

なんとなく左目だけだと回転の向きを変えやすい。
あと、視線を外すと回転を切り替えやすい。

投稿: | 2011年2月23日 (水) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207912/36261632

この記事へのトラックバック一覧です: 個人差の論文:1号:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年8月21日 (土) 01時03分

« なぜ人は忙しくなったのか | トップページ | 社会性と意識の研究がつながった!! »