« 社会性と意識の研究がつながった!! | トップページ | ソーシャルメディア時代の新しい知性 »

Neuro2010終了。

神戸でのNeuro2010が終わった。

今回、「個人差の認知神経科学」と銘打ってシンポジウムを開くのに、なかなか緊張していて、無事終了してほっとした。

シンポジウムに来てくださった皆さん、どうもありがとう。

シンポジウムの最後にディスカッションを設けたが、これがどうなるのか一番不安だった。自分たちのシンポジウムは最終日だったけれど、それまでのシンポジウムとか講演では、質問する人がすごく少なくて、自分たちのときも同じかと想像して心配していた。なんといっても、質問とか議論の火種をつくるひとがいないとディスカッションは面白くならない。英語でやっているというのもあるかもしれないが、日本では質問するときに、自分が他人から見たら恥ずかしいことを質問しているのではないかということを心配しまうようだ。でも、科学の議論ではあまりそういうのは気にしなくていいと思う。

心配をしていたものの、自分たちのシンポジウムではわりと質問をしてくれる人がいて良かった。質問が、あまりなかったら、自作自演の質問か、オーディエンスの中にいるひとを指名しようかと思っていた(実際、自分のトークの後、山岸さんを指名した)。

まあ、それでも土谷が良く質問してくれた。その中で、個人差研究一般とって、特に重要な問題提起あったが、その場で的確な答えを出すことはできなかった。シンポジウムの帰り道、いろいろ話したから、最初の質問自体は記憶の中で曖昧になってきたけど、要はこういうことだ。

「個人差の研究は、自分を理解したいという、脳科学を始める動機に対する直接的なアプローチにはなっているけれど、脳の仕組みの一般的なメカニズムを知るという目的で、ニューロサイエンスをやっている人の興味を引くほどのものにならないのではないか。」

電気生理学的な手法などで、機能がどのように実現されていて、脳が実際にどのような計算原理に基づいて成り立っているのかを追求するという立場では、あまり脳の構造の個人差を見ても意味がなさそうだというのは分かる。

でも、シンポジウムの目的の一つは、「個人差研究は、特殊な例を理解することではなくて、脳の一般的な理解へのアプローチである」ということを説明することだった。たぶん、これは自分で個人差研究をすることで感じるようになったことだが、他人に納得のいくように説明するのは難しい。

それで、説得力が一番あったアナロジーが「ハエの行動遺伝学」だ。ミュータントを引き起こしたハエを、行動をもとにスクリーニングをすることで、個性のあるハエと遺伝子の関係がわかる。つまり、特定の遺伝子と、なんらかの行動の異常が結びつく例がたくさんある。さらに発見された特定の遺伝子とハエの行動の関係を理解するには、遺伝子を見つけたあとで、行動中の神経活動を測ったり、生理学的な研究が必要だろう。それでも、ハエの遺伝子がなんらかの行動と関与していることがわかることの研究的強さは実証済みだ。

自分がやろうとしている脳構造と個人差をつなぐ研究は、遺伝子と経験(Nature & Nurture)の複合体としての脳構造と人間の行動を繋ぐのが目的だ。人間は遺伝子の数も多いし、MRIで見れる画像は荒いが、遺伝子自体よりも、より直接的に行動との相関関係を見つけられる可能性もある。それは、脳の構造が遺伝子だけでなく、その後の経験によって変化するからだ。まあ、とうぜんヒトの遺伝子をとるのも技術的には簡単なことだから、今後はMRI画像と組み合わせてデータを取っていく。

そんなことを考えながら電車で読んでいた小説に、似たような話がでてきて驚いた。

プラチナデータ プラチナデータ

著者:東野 圭吾
販売元:幻冬舎
発売日:2010/07/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このミステリー小説では、殺人現場などから犯人のDNAを検出すると、それだけで犯人の身長や性別だけでなく、顔や性格までを、高い精度で予測するシステムというのが開発される。現在、遺伝子だけで人間の特徴がどこまで予測できるのかは定かではないが、自分のやろうとしていることは、これのMRIバージョンなんだなと思った。MRIだったら、殺人現場でDNAのようにとれるものではないが、生物的特徴から、人間を予想するというところは完全に同じだ。

そして、この小説の最後に、そのDNAのシステムの開発者に対して、人間は遺伝子だけで決まるのではなく、化学的・電気的な信号で成り立っているという話をする人が現れる。この小説の本筋とは関係ないことだけど、この「構造」対「生理」という構図は先の話と同じだなと思う。

自分がやっている構造MRIだけで、どこまで一人の人間がわかるかというのは、精度に関しては未だにわからない。DNAのようにその辺に落ちてはいないから、犯罪の捜査にも役に立たなそうだけど、応用脳科学としてのポテンシャルが大きいところも面白い。

ちなみに、このプラチナデータ にでてくる、「電トリ」という装置は脳に電流を流して快楽をもたらすという、tDCSを彷彿させる代物で気になった。tDCSをすぐにそういう使い方することはできなそうだけど、一般の人にあまり悪いイメージもたれても困るよな。


 

|

« 社会性と意識の研究がつながった!! | トップページ | ソーシャルメディア時代の新しい知性 »

コメント

Neuro2010のシンポジウム、聴講させていただきました。
すごく面白かったですsign03質問出来ずに残念でした。。。bearing
フロアからのコメントで「パンドラの箱を開けた」とありましたが、動物実験を行っている僕にとってはまさにそのように感じました。今後も面白い情報よろしくお願いしますup
マロさんの過去、大変気になりましたsmile

投稿: Tommy | 2010年9月 7日 (火) 21時34分

面白そうですね♪。

脳の認知能力のヒト個体差の御研究も、
具体的な社会のニーズに対応できると想うので、
大切な観点ですよね。
ジェ~ムスボンドの続編かな(*^-^*)

投稿: まるたん | 2010年10月 7日 (木) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207912/36579395

この記事へのトラックバック一覧です: Neuro2010終了。:

« 社会性と意識の研究がつながった!! | トップページ | ソーシャルメディア時代の新しい知性 »