孤独の科学

今回は、社会と脳科学が交錯する「孤独の脳科学」についてお薦めの本を紹介しようと思う。ジョン・カシオポの「孤独の科学」という本で、最近の孤独感研究を非常にうまくまとめている。

孤独の科学---人はなぜ寂しくなるのか 孤独の科学---人はなぜ寂しくなるのか

著者:ウィリアム・パトリック,ジョン・T・カシオポ
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Loneliness: Human Nature and the Need for Social Connection Loneliness: Human Nature and the Need for Social Connection

著者:John T. Cacioppo,William Patrick
販売元:W W Norton & Co Inc
Amazon.co.jpで詳細を確認する


英語版の方のみを読んだので、日本語訳がどれほど読みやすいものかはわからないが、内容的には専門知識なしで楽しめる内容だ。おそらく脳科学や人類学の基礎知識がある人には後半はかなり一般的な話が続くので途中から少し飽きてしまうかもしれないが、最初の三章あたりまでは、かなり驚きの孤独研究の話が載っている。

「孤独」というのはあくまで個人的な問題で、科学が扱う程のテーマでないように思われるかもしれないが、社会的な生物である人間にとって重要な感情のであるのは間違えない。孤独という感情に動かされて、人間は他人との接点を持とうとする。

孤独の研究は幸福の研究とも良く似ている。カシオポの孤独の本を読んでいたら、以前に読んだダニエル・ギルバートの幸福論と非常に似ていた。

幸せはいつもちょっと先にある―期待と妄想の心理学 Book 幸せはいつもちょっと先にある―期待と妄想の心理学

著者:ダニエル ギルバート
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


何が似ているかというと、「孤独」も「幸福」もどちらも主観的感覚であって、「お金」や「友達の数」のような客観的に定量可能な数値でかならずしも測ることができないということだ。

この主観性は非常に意識の研究と似ている。意識の研究でもかつて問題であったことは、被験者の主観的な報告を、科学はまともに相手にするべきではないのではないかという、行動主義的な疑念があった。しかし、お金や友達の数で孤独や幸福を定量化できないのであれば、本人がどう感じているか聞いてみなければ、主観的な感覚というものを捉えることは難しい。当然、脳科学は、そのような主観的な報告と対応する物質的基盤との関係性を保つことで、単に内省的な報告を記述するだけの、心理学から一歩抜け出し、主観性の問題を、客観的に観測できる現象として捉えようとする。

社会性の脳科学と意識の研究との間に接点があるのは、主観性をいかに科学として扱うかということだろう。主観的な感覚の研究という観点から、孤独の研究は面白いが、睡眠などの研究とも同じで、今まで自分の知らなかった基礎的事実もまた興味深い。たとえば、孤独は50%遺伝子で決定しているとか、孤独はソーシャルネットワークを介して他者に伝染するなど、おもしろい事実がたくさんある。また、孤独を感じていると、テストなどができなくなったりするし、おそらく肥満になる確率もあがる。

カシオポのTICSのレヴューも、最近の孤独研究を概観するのにお薦め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人の能力や才能は環境に左右される

オランダに二日だけ共同研究で行っていた。飛行機で移動するときは本を読むのに絶好の機会だから、前から気になっていた本をついに読むことができた。

それがこの本。

Outliers: The Story of Success Book Outliers: The Story of Success

著者:Malcolm Gladwell
販売元:Penguin
Amazon.co.jpで詳細を確認する


日本語版もでているようで、これ。


天才!  成功する人々の法則 Book 天才!  成功する人々の法則

著者:マルコム・グラッドウェル
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


なんだか、一見ビジネスマンとかが読む啓蒙本のような雰囲気があるが、社会学や心理学の研究に基づいて、人生で成功するという現象の原因について調べている。脳科学とも意識とも直接的には結びつかないが、これを一冊読むだけで研究者にとって気になる「天才」という現象や「文化の違い」といったテーマについて理解できるようになる。

著者のグラッドウェルは第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳) を書いた人で、その本もそうだったが、脳科学に翻訳可能な社会心理学的現象のおもしろさを教えてくれる。天才!  成功する人々の法則 を読むと「文化」なんかも科学的に研究できるだろうと感じることができる。

全部通して読んで初めて納得する所も多いのだけど、いくつか心に残ったことを書き留めておこう。

【1万時間の練習】
個人が音楽やスポーツなどで活躍するのは、その人に才能があるからだと思われがちだが、たとえ才能という要素があったとしても、むしろどれだけ自己の修練に時間と労力を費やしたかが重要だということが書かれていた。プロのバイオリニストを格付けすると、結局その人がどこまで上に上れるかは、どれだけ練習したかによるという調査結果がある。そして、1万時間の練習を積んだ人が、トップになる。その次ぐらいの人たちは8千時間ぐらいの練習量。そして、大きく成功した人には、その1万時間の練習をする機会が人生のある時点であたえられていて、それを活かした人だ。ビートルズもドイツのハンブルグでひたすら演奏していて、1万時間ぐらいのライブ量になっていただろうし、ビル・ゲイツもプログラミングにかけた時間がそのくらいはあっただろうという例が挙げられていた。

これは学者として成功したい人に当てはまるだろうか。そのくらい没頭してやることは必要だろう。でも、学問の場合は反復によって必ずしも、質が高まる訳でもないから、闇雲に1万時間かけても十分ではないだろう(それは他の例でも同じか?)。1万時間というのは、一日4時間で週に6日一生懸命なにかに取り組むとだいたい一ヶ月に100時間だから、一年に1200時間で、8年ぐらいかかることになる。それでも、なにか自分の好きなことをやりがいのある仕事にしたいひとは、それくらいはやるだろう。

【頭だけよくても意味がない】
アメリカにIQがむちゃくちゃ(アインシュタインよりも)高い人がいたのだけど、その人は成功しなかった。その人には、権威のあるひとなどと交渉したりするといった「実世界での問題を手際よく解決するためのインテリジェンス」がなかった。こういったソーシャルインテリジェンスというものはIQテストのようなもので測られるインテリジェンスとは別物で、これも重要な能力。

ひとつのプロジェクトにいろいろな専門知識と技術が必要となっている現代の科学では交渉したり、プロジェクトをまとめて、他の研究者とうまくやっていく能力というのはすごく重要だ。

最近読んだHarvard Business Reviewの記事にあったInnovation Value Chainという考えがここのところ頭に残っていて、研究に当てはめて考えることが多い。このIQの話は、Innovation Value Chainとも対応する話だと思う。Innovation Value Chainというのは、新しいアイデアを世の中に出すには、3つのステップがあるという考えで、最初に新しいアイデアを生み出すステージ、次にアイデアを評価するステージ、そして最後にそれを世の中に広めるステージに分かれる。そして、その話で一番重要なのは、ある会社におけるイノベーションの力はこの3つのステージの中での一番弱点となっているところで限定されるということ。これを研究にあてはめると、いいアイデアがあっても、それを実行できなければ意味がないし、さらに人に伝わるように発表できなければせっかくのいいアイデアと研究内容も、狙い通りのインパクトを持つことができない。

それから、IQについて面白いことが書いてあった。ある意味あたりまえと思われるかもしれないが、IQは120以上あったらそれ以上の高さはあまり学問をやるのに関係はない。IQはバスケ選手にとっての身長のようなもので、おそらく160cmでは低いかもしれないけど、200cmがかならずしも190cmよりもレベルの高い選手とは限らない。120あれば十分。友達でIQが170あることを誇りにしている人がいるけど、その人に言ってやりたい。

IQとは別のdivergence testというのがあるらしい。その問題は面白い。この本にでていた例はこんな感じだった。

「レンガの使い道を思いつくだけ挙げてください」

これで、いろいろ面白い使い道が思いつく人の方がIQが170あることよりも重要だろうという話だった。こういう能力が脳の何と対応しているのかは是非知りたい。最近、個人の能力とか性格の違いと脳の関係ばかりをみていて、こういうことが一番気になっている。

【文化の違い】
飛行機の事故の頻度が航空会社の母体となっている国の文化と関係があるという話。オランダのGeert Hofstede という人が作ったスケールで、Power Distance Index(PDI)という指標がある。これは、それぞれの国の文化において、どれほど権威というものに価値があり敬意をもっているかを測る社会心理的な指標となっている。

このPDIがそれぞれの国の飛行機の事故の頻度と高い相関を持っている。この本では、大韓航空が一時期ものすごく事故が多かったのはなぜかということをPDIで説明している。日本もおそらく文化的には似ているだろうが、アジアの文化では、敬語などの体系や昔からある繊細なコミュニケーション文化があるために、機長のような立場の上の人に意見することが難しい。あるいは、管制塔から待機せよと言われれば、言いなりになってしまいがちである。これは、アメリカに住んだことがあるひとなら感じたことがあると思う。日本的な感覚でやさしく接していると、なんだかちゃんと相手にしてもらえないこともある。だから、外国では言いたいことは言わなければいけないということもよく言われる。大韓航空の場合は、補佐的な役割のひとが問題を見つけても、はっきり機長に指令をだせずに、曖昧な示唆をすることしかできていないということが事故の原因になっていた。そして、コクピット内でのやりとりを全部英語に変更したことで問題は解決した。すべてを英語にすればいいというものではないが、飛行機の着陸のような状況では英語の方が敬語的なものを避けて情報の伝達に集中することができるから効率がいいのだろう。

ここにPDIの国ごとの順位がでているけど、イスラエルなどは特にPDIが低い。これは自分の感覚ともすごくあっている。イスラエル人の共同研究者が何人もいるけど、いろいろな要望をいってくる。そのかわり、かなり言い返しても、別にけんかにもならないし別に普通のことのようだ。その辺は、仕事の上ではやりやすい。

PDIの高い低いが国の文化の良い悪いと直接関係しているとは言えないし、あまり直接的すぎても人間味がないなあと思うところもある。ただ、科学者はこの英語ではっきり意見と情報を伝える能力は必要だろう。これは避けて通れない道だと思う。(ただ、意外にも日本のPDIはわりと低い。)

逆に、日本的な文化を背景にもつことの強みもある。この本にでてくる例では、稲作文化圏では、「努力すれば報われる」という価値観が根付いている。バブル以降に大人になった世代は、そういう将来像を持つことができないなどともいわれているが、たしかにアジア人は一生懸命働く。一方、中世のヨーロッパの農業ではより封建制度が強く、努力することが自分の喜びややりがいにつながっていなかった。むしろ、がんばって働くと土地がやせて、作物がとれなくなってしまうぐらいだった。実はアメリカでもゆとり教育というものがあったのだが、それはヨーロッパ式の農業の倫理観が反映されているとグラッドウェルは論じている。

日本人(それから中国の南や韓国の)こういう精神性は、最初に書いた1万時間の修練にもつながる。

こういう話は、偏見や差別に繋がりかねないから、たいてい論者は慎重になる。ただ、この本を読んで、自分の多国籍研究者たちとの交流から感じていた印象が一気に理解できた。それから、いかに歴史の知識が異文化理解に重要かもわかる。

文化に関しては、文化という環境が個人の資質などに影響をあたえるという文脈で論じられていたが、これに遺伝的な要素があるのかどうか、あるいは親や共同体を通して受け継がれているのか、どっちもあるんじゃないかと思う。文化差と脳と遺伝子の関係は、これから研究が進んでわかってくるだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

睡眠について最近読んだ本

前のエントリーにも書いたけど、この前の12月に睡眠のワークショップがあった。

そこで話した人の一人でJim Horneという人がいた。

その人に、自分が眠りにつくときに金縛りにあったりするという話をした。そしてら、それは遺伝性だということがわかっていて、ナルコレプシー(急に眠ってしまう症状)とも関係があるといわれた。さらに、その場合は自分がルシッドドリーム(明晰夢、夢の中で自分は夢を見ていると気づくこと)ができると思っているのは、おそらくルシッドドリームではなくて眠りにつくときに見える幻覚(hypnagogic hallucination)であるだろうといわれた。600人に一人ぐらいはこういう傾向があるらしい。

なんていうか、自分がなんとなく知っていても詳しくは知らないことが多い睡眠について、一方的にいろいろな事実を教えてくれた。

それで、その人に勧められて、この人が一般向けに書いたという睡眠の本を読んでみた。


Sleepfaring: A Journey Through The Science of Sleep Sleepfaring: A Journey Through The Science of Sleep

著者:Jim Horne
販売元:Oxford University Press
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いつも睡眠に関する本を読むたびに思うことだが、すごく基礎的な睡眠に関する事実について自分が知らなすぎることを痛感させられる。特にこの本は、トリビアみたいな「へ〜」っと思わされる事実がたくさん書かれていた。いまのラボのボスのWalshと今日話していたら、この本には二文ごとに気になる事実が書いてあるといっていた。たしかにそのくらいいろいろな事実が書いてある。読んだらすごく睡眠について物知りになった気分になる。

まあ、特に印象深かったのをすこし紹介します。

  • 連続で眠らずに起き続けた世界記録は現時点では264時間だ。ランディ・ガードナーという当時17歳の少年が出した記録で未だに破られていない。 自分がこれまでに連続して起きていた時間の最長が100時間ぐらいだから、その倍以上起きていたというのはとても想像ができない。
  • 鳥(カモ)は片目ずつ瞑って眠る。そして、閉じている目の反対側の脳は眠っていて、目が開いている方の反対側の脳は目を覚ましている。イルカでの話は有名だが、鳥もそう名だったとは知らなかった。
  • イルカにはレム睡眠がない。イルカは脳の半分が片方ずつ眠るが、レム睡眠で夢を見てしまうと、混乱するからではないかと筆者は書いていた。
  • 冬眠は睡眠とは違うらしい。特に驚いたのが、冬眠中の動物は睡眠不足になるらしい。だから、冬眠中に睡眠を取るために一時的に体温を上げることがある。こういう基本的事実もそれほど広く知られてはいないだろう。
  • 睡眠不足だと、話をするときに適切な言葉が出てこなくなる。話す内容も単純な受け答えしかできなくなってしまうから、人と会うときに眠いというのはかなり問題だ。

こんな感じのことがいたるところに書いてある。だからけっこう楽しく読める。

Jim Horneのトークのときにいっていた気になることで、「レム睡眠というのはスクリーンセイバーみたいなもので、寝ているというよりは覚醒した状態の特別な何もしていない状態だと考えるべきだ」という主張があった。自分としては夢とかレム睡眠というのはミステリアスで研究テーマとして面白そうだと考えていただけに、なんとなく興ざめな主張であったけれど、その真意が知りたくてこの本を読んだ。

結局どういうことかというと、レム睡眠はなくなっても困らないということだった。抗鬱剤を飲むと、レム睡眠が阻害されて何週間もレム睡眠がない状態が続くことがある。それでも、抗鬱剤をやめてレム睡眠が復活しても、レム睡眠の量が反動で増える訳でもないし、記憶や学習もレム睡眠なしでできる。一応レム睡眠は手続き的記憶をあげる効果があるという実験データもあるが、それも単に無意識のうちの覚醒時のメンタルトレーニングみたいなもので絶対に必要というものでもないだろうと反論している。

ただ、なんで睡眠中にレム睡眠に入るのかということについては、ぱっとした説明がない。脳がずっと寝ていると飽きて刺激が欲しくなるからだという主張だが、あまり説得力を感じなかった。それから、ほ乳類で胎児もレム睡眠がたっぷりあるらしいのだけど、胎児が動かないようにするためとか、いろいろな事実をあげているが、それほどすっきりした気はしない。それでも、レム睡眠の確たる機能が未だに理解されていないというのは事実のようだ。

それからもう一つ睡眠について一般的に書かれた本で面白かったもの。


Counting Sheep: The Science and Pleasures of Sleep and Dreams Book Counting Sheep: The Science and Pleasures of Sleep and Dreams

著者:Paul Martin
販売元:St Martins Pr
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Jim Horneの本と内容的に重なるところも多いが、より社会的なコンテクストで睡眠について書かれている。例えば、いかに現代人が睡眠不足で、それが事故とつながるかなどが議論されている。睡眠が足りないと、人は判断力を失い、性格も不安定になるから怒りっぽくなり、社会的能力も低下する。そんな状況で仕事をしてもあまり働く方にも雇用者にとってもいいことはない。むしろ、ミスが増え他人に危険が及ぶことさえある。チェルノブイリも睡眠不足による判断ミスが事故の原因になっている。

もっと身近な例では車の運転。飲酒運転は法律で禁止されているが、睡眠不足運転も同じぐらい危険であるにも関わらず法律で禁止にしようという風潮はない。アルコールと違って、簡単に睡眠不足度を計測することができないのと、実際に眠いときに仕事をさせないルールを作ることも難しいだろうから、簡単には睡眠不足運転を禁止することは現実的ではない。

また、中年太りというのも男の場合は睡眠不足と関係がありそうだ。というのは、寝ているときに分泌される成長ホルモンによって体内の脂肪が分解されている。実は睡眠中に成長ホルモンが分泌されるのは人間に特有の現象で、人間の食生活のパターンと関係があると考えられている。ネズミなんかは目を覚まして少し食べたりするし、草食動物は睡眠中も消化を続けている。肉食動物も、消化に24時間かかるから、睡眠中に栄養不足になることはない。その点、人間の場合は睡眠時間には消化が終わっているから、その間の栄養は脂肪を分解して確保している。ということは、毎日よく眠ることでダイエットになる可能性がある。もちろん、何日も眠らなければ体重が減るというデータもあるが、それはどちらかというと死に近づく不健康なダイエットだろう。

しかし、今後睡眠の重要さが一般に理解されるようになるにつれて議論も起きるべきだろう。最近の嫌煙運動のようなものも、おそらく30年前には想像もつかなかっただろうから、同じように今から30年後には、睡眠時間を削って仕事をさせることが倫理的に認められなくなるようなことがあるかもしれない。

特に睡眠についての基礎的な事実が一般的に理解されるようになれば、事故を減らしたり、楽しい気分で快適に仕事をして生産性を上げるようなことも計画的にできるようになるかもしれない。少なくとも、寝ないでがんばるという古典的な方法よりも、寝ることで良い結果がでる場合もあるだろう。受験生が勉強するときとかも、寝ないでがんばるよりも、記憶に残る時間帯に勉強してからたっぷり眠った方が、覚えられるかもしれない。さらに、そのうち書こうと思っているが、まえにかいたWalkerの別の実験で、睡眠には記憶の定着化だけではなくて、知識をオーガナイズしてより深い理解へと導く役割もあるということがわかっている。さらに社交能力も睡眠でアップするから、正しい寝方をした方が得することは多そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)